不動産売買及び仲介業務イメージ

ご所有不動産の無料査定ご案内

日本全国の空き家は800万戸を超えています。

総務省が発表した「住宅・土地統計調査」によりますと、平成30年の空き家件数は846万戸で、平成25年と比較すると26万戸(3.2%)の増加、空き家率は過去最高の13.6%となり、空き家問題が深刻化してきています。

総務省統計局・住宅数の推移グラフ

また、空き家の立て方別住宅数の推移では、共同住宅の空き家数は平成20年まで急増し、それ以降は空き家の増加幅は縮小しているものの、平成30年の共同住宅の空き家件数は475万戸と、空き家件数846万戸のうち56.2%も占めています。

総務省統計局・空き家件数の推移グラフ

※「平成30年住宅・土地統計調査結果」(総務省統計局)より

空き家の放置は法的リスクも…

空き家をそのまま放置していると、倒壊の危険性や衛生上の問題、治安問題や火災などのリスクのほか、老朽化による資産価値の低下するなどのリスクにつながる危険性もあります。

増え続ける空き家に対する初めての国策、「空き家対策特別措置法」が平成27年5月に完全施行されました。
これにより、空き家の放置が税金対策になる時代は終わり、空き家の放置は法的リスクを伴うようになりました。

空き家の放置はリスクだらけ!空き家対策特別措置法って?

固定資産税が6倍に!?

またこのような空き家は、「空き家対策特別措置法」により特定空家(危険な空き家)として指定される可能性もあり、固定資産税の軽減対象から除外され現状の6倍になる可能性があります。
また自治体によって強制取り壊しになる可能性も出てきます。

空き家の問題は、空室・長期放置リスクにつながり、不動産所有者や不動産投資家にとって見過ごすことのできない問題となってきます。
空き家を放置し続けると多くのリスクを伴うため、空き家所有者は空き家の解体や修繕、または売却など空き家の活用方法を検討する必要があります。

不動産売却の流れイメージ

でも安心!特例措置で3,000万円の特別控除も!

例えば、相続したご実家を売却するなら、今がチャンスです!

平成28年4月から「空き家の発生を抑制するための特例措置」で空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除が受けられます。

ご売却の査定やご相談はお任せください!

  • 「現在所有の不動産を売却して、新しく不動産を購入したい」
  • 「相続が発生して不動産を売却することになった」
  • 「急いで不動産を売却して現金化したい」
  • 「土地の一部を売却したい」
  • 「ずっと売れない不動産がある」など。

三和土地開発株式会社では、「相談無料」「秘密厳守」「スピード査定」で、ご売却の査定やご相談を受け付けております。
ご所有者にとって一番良い方法を、私たち不動産のプロと一緒に考えましょう。
売却・土地活用・賃貸経営や、リフォーム・解体・測量・登記のことなど、安心してお任せください。

不動産売却の流れイメージ

ご所有の不動産を無料でご査定いたします。
「今すぐ売却を考えてないが、とりあえず売却額を知りたい」等でも結構です。
お気軽にお問い合わせください。

不動産売却査定のためのお願い

不動産売却の流れイメージ

不動産は同じものはありません。
同じ地域で同程度の広さの物件であっても、道路等の状況により価格が大きく違う場合もあります。
正確な査定をするためには、周辺の状況も含め様々な調査が必要です。
弊社ではしっかりと調査したうえで、価格を算出させていただきます。

不動産売却の査定をお申込みの方はこちらから

個人情報のお取り扱いについて

お客様から頂いた個人情報は「個人情報保護法」に則り、弊社が厳重に管理いたします。
個人情報の管理については、弊社の「個人情報の取り扱いについて」をご確認ください。

▲ 
PAGE TOP